« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

大分佐伯といえば、関鯖。

博多大丸での催事が無事に終わり、休む間もなく福岡天神からいざ大分へ。

ただいま渋爺、かれこれ1年ぶりに大分県 佐伯市に来ております。

佐伯市と言えば、日本一の寿司処で有名な街です。

F1000056

先週、この渋爺の全国放浪記にて、天神の「まことちゃん」という居酒屋を紹介した記事にコメントを投稿があったことを愛娘より報告がありました。

コメントを投稿してくれた中津祇園山笠様、この場を借りてお礼申し上げます。

中津祇園山笠様のリクエストに応え、大分の美味しい食処を紹介したいともいます。

渋爺が佐伯に来ると必ずといっていいほど行くお店が、『居酒屋 魚八』です。

写真は、気風の良さの大将と可愛さいっぱいの花ちゃんです。

F1000055

そして、これが活き鯖の刺身です。中津祇園山笠様も、是非佐伯に来られた際は、ここ『居酒屋 魚八』まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

渋爺

F1000054

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天神博多大丸。

天神博多大丸無事展示会が終わりました。

おかげさまで、地元福岡の皆様には大変良くしてもらい、この渋爺心より感謝をしております。

F1000051

今回、担当していただいた、博多大丸きっての美人 暮らしのレシピ担当者龍さん(写真の女性)、陶器売場の西園リーダお客様のご案内、スタッフ皆様のおかげで、大盛況にて終わることができました。心よりお礼い申し上げます。

F1000050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

器ギャラリー 松山堂

どうも。

6月21日。本日は父の日です。

昨日、今日と百貨店では、父の日セールに全力を注いでいます。

皆さんも大切な父さんにプレゼントは渡しましたか?

この渋爺。

先日から、地元福岡の福岡・天神大丸様にて催事を行っておりますが、いつもお世話になっている百貨店の従業員の方を紹介していますので、今回は少し志向を変えて、渋爺の仲間を紹介したいと思います。

写真のダンディな男性は、福岡市内に3店舗経営しており、そのうちの1店舗は、ここ福岡・天神大丸6F食器売り場に店舗を構えている、器ギャラリー 松山堂のオーナーです。

松山堂は、店主自ら全国の窯元へ足を運び、厳選した「普段使い」「個性的な」「モダンな」和陶器・和食器を数多く取り揃えております。

器ひとつでお料理の味や、その時の雰囲気も変わります。お部屋に合わせた器を選ばれるのも楽しいと思います。

オーナーは、お客様に日本の器の素晴らしさをたくさん知って頂きたくて、本物志向での品揃えをしております。

こんな器が欲しい、こういう器を求めているという方は、是非一度お足を運んでみてはいかがでしょうか?

渋爺

F1000041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神をご満悦

  どうも。

今回は、天神裏通りにある知る人ぞ知るお店「まことちゃん」を紹介します。

F1000044

そして、これが博多名物 トマトベーコンです。

F1000045_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

博多祇園山笠

どうも。

季節は梅雨だと言うのに、いっこう雨が降りません。

今日も、真夏並みの太陽が容赦なく我々を照らします。

私の地元の近くにある油木ダム(添田町)は、このまま雨が降らなければ10日で渇水してしまうと、ニュースで聞きました。

小・中学校では、プール開きを遅らせるという動きもあるみたいです。

最近、こういった天変地異なことが頻繁に起こっているような気がします。

冬の時期は暖冬、春先は寒く、そして梅雨には雨が降らない。

気象庁も、秋の紅葉、春の梅、桜等の見ごろが予測できないくらい、地球の様子がおかしのだと思います。

我がはまさき工房は、自然のすばらしさを商品や催事を通じてお客様へ伝えております。

自然が作り出した芸術は、人工で作ることは絶対にできません。

そのため、私や従業員は、本当に自然に感謝をし、自然の事に対して真剣に考えております。

誰かが行動をするのを待つのではなく、ひとりひとりがもう一度自然の大切さを考え、些細なことでも、自分ができることから動いていけば、きっと自然と共存共栄できると私は思います。

さて、今でも雨乞いをする時や農産物の豊作を願う時に、お祭りをする地域があると思います。

私が催事を行っているここ福岡天神でも、もう少ししたら「博多祇園山笠」という祭りを行います。

その時に用いられる「山」を組み立てているところをカメラで写しましたので、私が天神大丸にいる間は、組み立てていく様子などもブログに載せていこうと思います。

渋爺

F1000040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当、すばらしい。

どうも。

明日、熊本鶴屋最終日を迎えます。

今回、お世話になった黒木さん。

本当にすばらしい催事をさせていただきました。

黒木さんが、傘をさしたおかげで、たくさんのお客様がはまさき工房の傘を購入されていきました。

心より感謝をしております。

そして、この鶴屋百貨店で知り合ったお客様方にも心より感謝をしております。

たくさんのお客様にはまさき工房の商品の良さを知っていただけたことと、私自身、初めての土地で大盛況だったことは、今後の財産となりますし、自信がつきました。

また11月にお世話になると思いますが、その時もどうぞよろしくお願いいたします。

F1000038

| | コメント (1) | トラックバック (0)

熊本 鶴屋百貨店

どうも、どうも。

先日紹介した、火の国 熊本 新市街「水戸黄門」がとても気に入り、毎晩かよい詰めております。

そういえば、最近この全国放浪記にコメントの書き込みが4件(6月13日現在)あったと愛妻と愛娘から連絡を受けました。

そのうちの1件は、「水戸黄門」の女将さんだったそうで、コメントをくれた日にお店に行った時、ブログにコメントを残してくれたを聞きました。

その他にも、平塚に住んでいる親戚の由香、益久様のホームページから「はまさき工房」の事を知ってくれ、さらにこの「渋爺の全国放浪記」を楽しみに見てくれている堺市に住む中基様、通りすがりのほうき屋様 コメントをいただき、心より感謝をしております。

この渋爺、パソコンからではなく携帯電話からブログを投稿しておりまして、残念ながらコメントを見ることはできませんが、今後はコメントに対して返事ができるようにチャレンジしていこうと思います。

さて、この渋爺 熊本で「水戸黄門」に通い詰めているだけではありません。

今回、初めて熊本 鶴屋百貨店様にて展示会をさせていただいておりますが、思いのほか大盛況で特にカバン・洋服が好評を受けております。

熊本市の皆様にも「はまさき工房」の商品の良さが分かってもらえて、私以上に商品を作っている工房の従業員の喜ぶ顔を浮かべます。

写真の二人は、熊本鶴屋百貨店様にて16日までお世話になる、左は黒木瞳(?) と、右側は矢崎次長です。二人のおかげで、大盛況の中でもスムーズに仕事ができると安心しております。

11月に展示会をさせていただく際にも、どうかよろしくお願いいたします。

渋爺

F1000039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火の国 熊本

どうも、どうも。

本日、から熊本鶴屋様にて展示会を開催します。

準備が終わり、食事をしに火の国熊本の新市街「水戸黄門」と言う大衆酒場に行きました。

写真の女性は、そこで出会った、素敵な女将さんで~す。

渋爺

F1000031

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ただ、感謝。

どうも、どうも。

福山天満屋様にて柿渋展を開いて、早くも明日(7日)で終日を迎えます。

それまでの間にはまさき工房の商品を手にとり、喜んでいただいたたくさんのお客さま方には大変感謝しております。

ならびに、はまさき工房のために一生懸命サポートしていただいた、細井課長をはじめスタッフの皆様にも、心から感謝をしております。

本当に、お世話になりました。

この渋爺、まるで我が家にいるかのように、本当に居心地が良かったです。

新入社員の 濱田 智奈美さん、これからも仕事の中でたくさん辛い思いや悔しい思いをすると思います。ただ、その教訓を活かすも殺すも智奈美さんの気持ちひとつなのです。

この世の中の仕事の大半は、自分以外の誰かの「笑顔」のためにあると思います。

たとえば、私たちはまさき工房の仕事も、商品を作るために材料を仕入れ、その材料を使って、バッグや衣類を作り場所を借りてお客様が商品を買う。

この一連の流れの中にもたくさんの仕事があり、次の仕事へ、次の仕事へ繋がっていき、その度に「笑顔」が生まれていきます。

百貨店にはいろんなお客様が来て、そして商品を購入されます。

そのお客様一人ひとりに、最高の接客をしていけば、智奈美さんの接客態度を気に入って商品を購入されるお客様も出てくると思います。

その場限りのお客様ではなく、次へ繋げるための天満屋とお客様との架け橋となってください。

さて、この福山天満屋にはいつもはまさき工房の商品を購入してくださる常連のお客様がいらっしゃいます。

名前は、ナカモト キヨミ 様

今回は娘さまと一緒に、はまさき工房の商品を手にとり喜んでいただけました。

ナカモト様の顔を見るたびに「福山にきた」という実感と、「福山にきてよかった」とう実感が沸いてきます。

9月にまた福山天満屋様にお世話になる際は、またお越しください。

私も、ナカモト様の笑顔をお待ちしております。

渋爺

20090528102245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福山天満屋の”妖精”

まいど!!

63日、ここ福山に来てもう1週間が経ちました。

福山に住んでいる地元の方々に温かくされ、とても幸せな日々を過ごしております。

さて、季節はもう6月の梅雨の季節となりました。

ついこの間までは、桜が綺麗な季節だったのに、時間(とき)が過ぎるのは早よう感じます。

桜と言えば、入園式や入学式、そして入社式がありますね。

4月に新社会人となった方々も、社員研修等を終え立派な社会人として世の中で活躍するころだと思います。

この福山天満屋にも、新入社員研修を終え立派な社会人の第一歩を踏み出した女性がいます。

彼女の名前は濱田 智奈美(はまだ ちなみ)さん この春大学を卒業して、入社したばかりの新人さんです。

名前の通り、いやそれ以上の美しさと可愛らしさ、そして見る人を心から癒してくれるその笑顔がとても素敵な女性です。

この福山に、少し遅めの桜が咲いたかのように、温かく穏やかな気持ちになりました。

「やっとヒールの痛みに慣れました(笑)」と、あどけなさと初々しさがまた可愛らしい、濱田 智奈美さんは只今、福山天満屋6F 洋陶器売場 ウェッジ・ウッドへ配属となり一生懸命に仕事に励んでおります。

このブログを見て、濱田 智奈美さんに気づいた方は、どうか温かい目で応援してあげてください。

渋爺

F1000028

| | コメント (1) | トラックバック (0)

渋爺 行きつけの店

まいど、先日から福山天満屋様の方で『夏の柿渋染展示会』をさせていただいてます。

おかげさまで、先週の京急百貨店様に引き続き、たくさんのお客様に弊社の商品を購入いただき、また、弊社の商品を喜んでいただいて、心より感謝をしております。

さて、せっかくこの「渋爺の全国放浪記」ブログを立ち上げて、毎回仕事の話ですと、とても堅苦しいと思いましたので、今回は私の行きつけのお店を紹介したいと思います。

この度紹介いたしますお店は、

福山市城見町にある小料理屋「いし川」

いつも馴染みのお客さんしかおりません。

F1000025_2

中に入ると、こんな私をいつも暖かく迎えてくれる、おふくろ(女将)。

私の体を気遣いながら、いつも美味しいおふくろの味料理を出してくれます。

F1000027

今日のメインディッシュは、『あげなすの蒸し海老入りあんかけ』やはり美味でした。

F1000026

この他にも、いろいろとおふくろの味を堪能し、また明日からの仕事の活力となりました。

今後も、全国の私の行きつけのお店を紹介していこうと思いますので、このブログを見て私も行ってみたいと思った方は、是非一度ご来店ください。

追伸

今日は全国の小中学校で運動会があったみたいです。

昔は運動会といえば、秋のイメージでしたが、今は春に行うところが多いみたいですね。

そして、私のかわいい孫も本日、運動会でした。

その場にいて見てあげられないのがすごい残念ですが、極秘のルートを経由して孫の雄姿を手にいれることができました。

来年は6年生。小学生最後の運動会くらいはこの目で見れればと思います。

ついこないだまで小さかった孫も、もう小学5年生。

もう一人いるかわいい孫は来年高校生。

いつまでたっても、目に入れても痛くない存在。

なんで、こんなにかわいいのだろ~♪

Cimg4243

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »