« 福山天満屋の”妖精” | トップページ | 火の国 熊本 »

ただ、感謝。

どうも、どうも。

福山天満屋様にて柿渋展を開いて、早くも明日(7日)で終日を迎えます。

それまでの間にはまさき工房の商品を手にとり、喜んでいただいたたくさんのお客さま方には大変感謝しております。

ならびに、はまさき工房のために一生懸命サポートしていただいた、細井課長をはじめスタッフの皆様にも、心から感謝をしております。

本当に、お世話になりました。

この渋爺、まるで我が家にいるかのように、本当に居心地が良かったです。

新入社員の 濱田 智奈美さん、これからも仕事の中でたくさん辛い思いや悔しい思いをすると思います。ただ、その教訓を活かすも殺すも智奈美さんの気持ちひとつなのです。

この世の中の仕事の大半は、自分以外の誰かの「笑顔」のためにあると思います。

たとえば、私たちはまさき工房の仕事も、商品を作るために材料を仕入れ、その材料を使って、バッグや衣類を作り場所を借りてお客様が商品を買う。

この一連の流れの中にもたくさんの仕事があり、次の仕事へ、次の仕事へ繋がっていき、その度に「笑顔」が生まれていきます。

百貨店にはいろんなお客様が来て、そして商品を購入されます。

そのお客様一人ひとりに、最高の接客をしていけば、智奈美さんの接客態度を気に入って商品を購入されるお客様も出てくると思います。

その場限りのお客様ではなく、次へ繋げるための天満屋とお客様との架け橋となってください。

さて、この福山天満屋にはいつもはまさき工房の商品を購入してくださる常連のお客様がいらっしゃいます。

名前は、ナカモト キヨミ 様

今回は娘さまと一緒に、はまさき工房の商品を手にとり喜んでいただけました。

ナカモト様の顔を見るたびに「福山にきた」という実感と、「福山にきてよかった」とう実感が沸いてきます。

9月にまた福山天満屋様にお世話になる際は、またお越しください。

私も、ナカモト様の笑顔をお待ちしております。

渋爺

20090528102245

|

« 福山天満屋の”妖精” | トップページ | 火の国 熊本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただ、感謝。:

« 福山天満屋の”妖精” | トップページ | 火の国 熊本 »