« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

名古屋 丸栄

どうも。
渋爺は、名古屋の百貨店、丸栄にて
『柿渋染め作品展』を開催しています。

1340292186681.jpg

6月21日〜27日までの期間、
この季節ならではの素晴らしい
商品を揃えております。

是非、一度手にとって、
自然の素晴らしさと、
伝統を肌で感じてみて下さい。


1340292191726.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急フェリーより、愛をこめて

どうも。
長く短い、阪急フェリーの旅が始まりました。
皆さんは、フェリーに乗ったことはありますか?
私は、よくこのフェリーを利用しています。

フェリーでのゆっくりとした時間の中で、
次の催事はどんな風に進めていこうとか、
考えさせてくれる時間です。

そんな緊張と、仕事の疲れを少しても忘れさせてくれるのが、この食事の時間です。
今夜は、肉豆腐と卵豆腐、そしてお酒と、
ヘルシーなメニューで疲れを取りたいと思います。


1339387304922.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田川伊田駅の風景

どうも。
久しぶりの休暇、家族に囲まれとても
幸せな日々を過ごさせていただきました。

しかし、その日々もあっと言う間に過ぎてしまい、
今日から役80日以上、この地(田川)に帰ることなく、また全国へ行脚するのです。


1339368922846.jpg

今回は、フェリーでいったん大阪まで行きます。

そのため、地元、田川伊田駅から北九州方面へ、
日田英彦山線という、ローカル線に乗って、門司のフェリー乗り場まで向かいます。

フェリーからの様子については後ほどお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷田川

どうも。

昨日の夜は、
高校三年生になる孫の
ブラスバンドの演奏会を聴きに行ってきました。


1339086692778.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工房へ

どうも。
京急百貨店期間中
ご来店頂きましてありがとうございます。

工房へ戻りました。


1339086508332.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺とゆかいな仲間編⑼

どうも。

先日から、渋爺の仲間たちを紹介してきましたが、
最後に、京都で風呂敷専門店を営む、
染織京楽布さんを紹介します。

1338911520799.jpg

京楽布(きょうらっぷ)とは、風呂敷専門店です。
京の染と織りにこだわり、職人の経験と技を生かしたこだわりの逸品です。
物を布で楽しく包むから、京楽布(きょうらっぷ)と名づけたそうで、デザインは、京の古典柄から洋柄までジャンルにとらわれず、京楽布風にアレンジデザインし、素材はもちろん、汚れたらすぐに洗え、綿100%の優れものです。

一枚の風呂敷でも、何をどう包むかによって、まったく異なった表情を見せてくれるこの機能性の高さこそが、長年、風呂敷が日本人に愛されてきた一番の理由なのかもしれません。

皆様も是非、
京都の伝統ある風呂敷とは一味違う、風呂敷文化を実感してみて下さい。

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑻

どうも。
本日最終日です。

たくさんのお客様のご来店誠にありがとうございます。

本日も渋爺の仲間を紹介したいと思います。

本日は、
女性2人。


1338911173119.jpg

私の隣の女性から
鹿児島県で草木染めガーゼ服を取扱っておられます。
福が家さんです。

鹿児島と言えば、渋爺の好物、芋焼酎です。

そして、
そのまた、お隣。
渋爺と同じく福岡県で
工房を構える布路夢さんです。

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑺

どうも。

大阪 枚方から
カトレア西原さん。

天然石、トンボ玉のアクセサリーを取扱っておられます。


1338910016298.jpg


5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑹

どうも。
今回は、福岡で創作服をしている、
風ものかたり 重松さんです。


1338736629023.jpg

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急百貨店のマドンナ

どうも。
今回は視点を少し変え、京急百貨店の
スタッフを紹介したいと思います。

京急百貨店にはたくさん素晴らしい
スタッフがいますが、京急のマドンナ的存在、
森さんです。

1338655472986.jpg

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑸

どうも。
今回も、新横浜家族の店の仲間を紹介したいと思います。

今回は、兵庫県の
和ろうそく 松本 商店さん
を紹介します。

和ろうそくとは、植物ロウからできたこだわりの手造りろうそく。
熟練の職人達によって丁寧に造られます。
そして長年経験を積んだ絵付け師が一筆一筆心を込めて描きます。
日本古来の伝統 -和ろうそく- の灯びは心温まる最高級の灯。【ワンランク上の灯】です。
実演販売もしております。


1338654603130.jpg


5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑷

どうも。
今回も、素晴らしい仲間の一人を
紹介したいと思います。

麻紙タペストリーの
野州麻紙工房 大森さん

1338652866351.jpg


麻の繊維を使ってタペストリーや、ライト等つくっております。
麻紙とは、麻の繊維を原料とした紙のことです。その歴史は深く、西暦105年には、樹膚のほか麻頭(まとう)、敝布(へいふ)、魚網を原料として紙をつくったといわれていますが、麻頭、敝布、魚網はすべて麻が原料なのです。

日本では、奈良時代から平安時代にかけて詔書・勅書・宣命と言った重要な公文書の原紙(黄紙)や写経の材料として用いられていたそうです。
我々、日本人は「麻」と共に生きていた、
そんなことを感じさせてくれる素晴らしい商品
ばかりです。

皆様も、是非その歴史と麻の暮らしを感じてみてはいかがでしょうか?

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑶

どうも。
昨日に引き続き、今日も私渋爺の仲間を紹介したいと思います。

まずは、
大分県の
彫金ジュエリー丹生さん

おおぶりなアクセサリーが特徴です。


1338650952112.jpg

なんと身長が176cm!!!
ノッポな大分美人。

なぜこんなに身長が伸びたのか
渋爺は、不思議でなりません。
しかし、彼女は、
東京の新名所である、東京スカイツリーのように、
ここ新横浜家族の店のシンボル的存在でもあります。

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑵

どうも。
今日も、私の仲間を紹介したいと思います。

今回は、和歌山県で水牛や象牙を使った
アクセサリーを製作している、
アトリエ彩華です。

本人は恥ずかしがっていたので、
代わりに渋爺と素晴らしいアクセサリーたちを
ブログにアップします。

1338734911032.jpg

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋爺のゆかいな仲間編⑴

こんにちは。
渋爺です。
本日の仲間紹介は、


今回は、なぜかずっとお腹が痛いまごころ工房 棕櫚の郷のほうき職人の木下さん。

1338532742123.jpg

渋爺、遊ばれてます。

私も家でも大活躍のほうきです。
ルンバも気になる私ですが。

そして、
先日紹介した宮田陶房の宮田さん。


宮田陶房さんは
焼き締め、灰釉を中心に粉引きや炭化などにより様々な土の表情を活かした作品作りをされております。

信楽焼といえば狸だけど自分は焼かないそうです。
こだわりが感じられますね。


1338532743630.jpg


5/30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »