« 渋爺のゆかいな仲間編⑻ | トップページ | 工房へ »

渋爺とゆかいな仲間編⑼

どうも。

先日から、渋爺の仲間たちを紹介してきましたが、
最後に、京都で風呂敷専門店を営む、
染織京楽布さんを紹介します。

1338911520799.jpg

京楽布(きょうらっぷ)とは、風呂敷専門店です。
京の染と織りにこだわり、職人の経験と技を生かしたこだわりの逸品です。
物を布で楽しく包むから、京楽布(きょうらっぷ)と名づけたそうで、デザインは、京の古典柄から洋柄までジャンルにとらわれず、京楽布風にアレンジデザインし、素材はもちろん、汚れたらすぐに洗え、綿100%の優れものです。

一枚の風呂敷でも、何をどう包むかによって、まったく異なった表情を見せてくれるこの機能性の高さこそが、長年、風呂敷が日本人に愛されてきた一番の理由なのかもしれません。

皆様も是非、
京都の伝統ある風呂敷とは一味違う、風呂敷文化を実感してみて下さい。

5/ 30(水)~6/ 5(火)
京急百貨店 7階 新横浜家族の店
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
TEL:045-848-1111(代表)

ご来店お待ちしております。

|

« 渋爺のゆかいな仲間編⑻ | トップページ | 工房へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋爺とゆかいな仲間編⑼:

« 渋爺のゆかいな仲間編⑻ | トップページ | 工房へ »